相関と回帰

相関と回帰は、2つの連続変数間の関係を分析するために使用されます。 ユーザーは2つの連続変数を指定して、散布図を描き、相関係数を得ることができます。

  • 群分類して表示できます。
  • データのトレンドを示す回帰直線と、その信頼区間を表示します。
  • データの分布の確率を示す確率楕円(信頼度指定可能)描画できます。
  • Pearsonの積率相関係数: 2つの変数間の線形関係の強さと方向を示します。
  • Spearmanの順位相関係数: 2つの変数間の順位に基づく関係の強さと方向を示します。


統計処理 サマリー表 チャート お問い合わせ