質問項目の信頼性の評価(Cronbachのα信頼性係数)

Cronbachのα(アルファ)信頼性係数は、心理学や社会科学において、質問項目の一貫性や内的一貫性を評価するために広く使用される古典的な統計的手法です。 主に、調査やテストの質問項目が全体としてどれだけ信頼性があるかを測定するために使われます。

原理

  • 目的: 複数の項目から成る尺度の内的一貫性の信頼性を測定します。
  • 計算方法: α係数は、各項目の平均分散、項目間の相関関係、項目数を基に算出されます。

α係数の解釈

  • 値の範囲: 0から1の間で、数値が高いほど内的一貫性が高いことを示します。
  • 基準値: 一般的に、α係数が0.7以上であれば、尺度は十分な信頼性があると見なされますが、この基準は状況によって異なります。
  • 使用上の注意: 高いα値は内的一貫性が高いことを示しますが、過度に高い値(例えば0.9以上)は項目が冗長である可能性を示唆することもあります。

実用面

使用分野は、教育評価、心理学の測定、社会科学の調査研究などです。

Cronbachのαは、特に質問項目が複数の回答を含む場合に役立ちます。 たとえば、ある概念を測定するために複数の質問が設けられている場合、これらの質問が一貫して同じ概念を測定しているかどうかを評価するために使用されます。

具体的な例

ある心理学の調査で、仕事のストレスに関する10項目の質問を設計しました。 各項目は1(全く感じない)から5(非常に強く感じる)のスケールで評価されます。 100人の労働者にこれらの質問に回答してもらい、そのデータを使用してCronbachのα信頼性係数を計算します。

計算結果、Cronbachのαは0.85となりました。 これは、この質問項目が一貫して仕事のストレスを測定していることを示しています。

注意点

Cronbachのα信頼性係数を使用する際の注意点は以下の通りです:

  • データ: データは、1~5, 1~7 などの 1 から始まる整数としてください。
  • 項目数: 項目数が少ないと、α係数は低くなる傾向があります。
  • 項目の均一性: 非常に異なるタイプの質問が含まれていると、α係数は低くなる可能性があります。
  • 応答スケール: 答えが連続的(例えば1から5のスケール)でないと、α係数の解釈が困難になることがあります。
  • 使用目的: Cronbachのαは内的一貫性のみを測定します。尺度の有効性や他の種類の信頼性を判断するためには、他の手法が必要です。
  • 信頼性: α係数が高い値(例えば0.7以上)を示すと、項目間の一貫性が高いことを示しますが、これは必ずしも質問項目が測定しようとしている概念を正確に捉えていることを意味するわけではありません。したがって、信頼性の高い尺度を確立するためには、因子分析 なども併用することが重要です。

データは、1~5, 1~7 などの 1 から始まる整数としてください


統計処理 サマリー表 チャート お問い合わせ