手術ビデオ専用サーバー

ビデオを保管するNASを院内LANに設置し、専用のサーバーソフトウェアを稼働させて、電子カルテの手術データと連携した閲覧システムを実現します。

ビデオファイルは自動圧縮され、膨大な映像を管理することができます。

デモサーバーをクラウド上で起動して試す

Synology NAS

  • 病院様でのご利用を前提にしています。
  • 院内に設置した NAS (Network Attached Storage) 上にサーバーを稼働させ、ウェブアプリで手術ビデオを閲覧
  • データを圧縮して膨大なデータを効率的に保存
  • 安価な構築費用と低いランニングコスト、NAS 専用の高信頼 HDD による高い信頼性
  • インターネットから切り離された環境でも利用可能
  • 電子カルテとの手術データ連携

外科系医師

腹腔鏡手術などの手術映像の管理はどうしていますか?

多数のビデオファイル

  • DVDに焼いて管理?
    • 手間・時間・メディアの費用がかかり、保管場所が必要
    • 死蔵しがちでいったん貸し出すと散逸
  • 既存の専用ビデオアーカイブシステムは、非常に高価でディスクスペースを消費し、バックアップも困難
    • 手術ビデオを利用するのに数百万円もかける必要は無いのです。
カンファランスなどで手軽に再生して活用できますか?
  • ビデオは院内LANで閲覧できますか?
  • 電子カルテの手術データと連携できますか?
  • 術式、術者、手術日、患者ID などでの絞り込みが可能ですか?
  • 閲覧権限を設定できますか?
  • 使いやすいシステムは、腹腔鏡手術の技術の底上げに寄与します。

EMUYN では、 このような問題を現実的に解決するため、現場の医師の意見を参考にして 民生品の NAS を利用した手術ビデオアーカイブシステムを開発いたしました。

  • 専用ソフトウェアのライセンスは 1システムあたり 50,000円 です。利用期間に制限のない永続ライセンスです。
  • ハードディスク(HDD)の機種や容量は自由に設定できます。
    • 2台の 6TB HDD の RAID なら総額 20万円程度で構築でき、5000時間程度のビデオを保管できます。容量増強は容易です。
    • 現在入手可能な最大の HDD は 20TB ですので、DS920+ で4台用いれば中規模病院なら 10年分ものビデオが保管・閲覧できる計算になります。
    • NAS の基本機能として、HDD の増設や交換による容量増強が可能ですから、稼働開始時には小さく始めて問題ありません。

手術ビデオ専用サーバーは、NAS本体HDD増設メモリソフトウェアからなるシステムです。 EMUYN では、そのうちの、専用のソフトウェアを提供しています。

手術ビデオ専用サーバーをご利用いただくには、それらの機器をご用意いただく必要があります。そのためには次の2つの方法があります。

  1. 各医療機関様で、NAS本体、HDD、増設メモリを別途購入し、ソフトウェアをインストールしてセットアップして頂く方法
    • ソフトウェアは、メールにてダウンロードリンクをお送りいたします。
    • 基礎的な知識は必要ですが、マニュアルに従って作業していただければ簡単です。完了までメールにてサポートいたします。
    • 10万円以下のパーツを組み合わせることになりますので、ご施設様によっては購入の手続きが簡便となります。
  2. ソフトウェアのインストールまで済ませた完成品をご購入いただく方法
    • EMYUN が各医療機関様からの指示にて機器を準備し、セットアップ作業を代行します。
    • 価格は HDDの容量および増設メモリに依存しますので、ご確認には お見積もりページ をご利用ください。

EMUYN の手術ビデオ専用サーバーを利用すれば以下のことが実現できます。

手術映像ファイルを院内ネットワークに設置した記憶装置 (NAS) に保存できます

  • DVDに焼いて管理するなどの手間が不要となります。
  • 冗長性の高い RAID の利用により、ファイル消失リスクを軽減します。
  • NAS 上にウェブサーバーを構築し、複数の端末からアクセスして利用します。
    • ベースシステムとして、DokuWiki を利用します。
  • NAS には高機能な Synology の製品を利用します。

病名、術式名、術者 などから検索し院内LAN経由で閲覧できます

  • NAS 上のサーバーで動く専用のウェブアプリにてビデオを閲覧します。
  • 電子カルテ (FUJITSU EGMAIN GX, SSI Newtons2 など) との連携により、手術日、患者ID、病名、術式名、術者、助手 の表示や検索が可能となり、目的とする映像を容易に再生できます。
  • スロー再生、早送り再生、静止画キャプチャができます。
  • 手術映像ファイルをPCにダウンロードできます。
  • スマホやタブレットからも閲覧可能です。
  • 職種や所属科による閲覧制限ができます。

高解像度映像ファイルを自動的に圧縮し大量のビデオを管理できます

  • 高解像度映像ファイルを圧縮し、複数に分割保存されている場合は単一ファイルに連結します。
    • NAS 内部でのスクリプトの定期実行により、水平解像度 720px (設定変更可能) に自動的に変換します。
    • 単一ファイルにすることで扱いやすくなります。
  • 一定期間経過後に高解像度ファイルを自動的に消去することで、記憶装置の容量を節約します。
    • Full HD 映像が、実用上問題ない程度の解像度にて 1/8 程度のファイルサイズにまで圧縮できます。
      • 例えば、6TB x 2 の HDD にて容量 6TB の RAID を組んだ場合、5,000時間程度の映像を保管できます。
    • 拡張ベイ DX517 の追加により、Synology DS720+ ですと最大 7台まで、DS920+ ですと最大 9台までの HDD で RAID を組めますので、HDD の追加にてより長期間のアーカイブに対応できます。
    • 圧縮済ファイルのみをバックアップ対象とすれば、USB 接続の HDD にバックアップを取ることもできます。

インターネットから切り離された環境に設置してセキュアに運営できます

  • いったんセットアップが終了した後は、インターネットへのアクセスは不要となります。
  • インターネットから切り離された環境に設置すれば、高いセキュリティを保てます。

EMUYN の手術ビデオ専用サーバーは、以下のとおり構築します。

NAS の設定マニュアルに従い、NAS をセットアップします

手術ビデオ専用サーバーを構築します

  • EMUYN の提供する設定ファイルをダウンロードして展開します。
  • NAS のタスクスケジューラーを用いて、サーバーソフトウェアの Docker イメージを起動します。
    • Docker を利用することで、複雑なインストール手順が不要となっております。

ビデオを閲覧可能なユーザーを設定します

  • 必要に応じ、ビデオを閲覧可能なユーザーを設定します。フォルダごとに設定できますので、例えば所属科以外のビデオは閲覧できないように設定することができます。

必要に応じてインターネットから隔離された環境に移設します

  • 一度セットアップが完了すれば、インターネットから隔離された環境でも稼働できます
  • 必要に応じ、NAS 本体ごと移動して電子カルテネットワークに接続してください。

システムを構築の費用はわずか20万円程度からと極めて安価です

EMUYN の手術ビデオ専用サーバーは、以下のとおり運用します。

手術ビデオファイルを NAS に保存

  • 手術ビデオファイルを規定のファイル名に変更して特定のフォルダに保存します。
    • 自動圧縮するファイルをシステムに認識させるため、元ビデオファイルは、手術日患者ID からなる 「手術日・患者IDフォルダ」 (例: 2022-02-14 01234567) の直下の 「手術別フォルダ」 にまとめて格納してください。

電子カルテなどから手術データを登録

  • 定期的に電子カルテなどからダウンロードした手術データを登録します。
  • 取り込む項目の設定は記憶されますので、2回目以降は手間がかかりません。

バックアップ

  • 定期的にビデオファイルを外部ストレージにバックアップします。
  • 圧縮されたファイルのみをバックアップするのであれば、ポータブル USB HDD を用いることもできます。
  • コストはかかりますが、同規模の NAS をもう一台設置して全体を自動バックアップすれば手間は省けます。

実際の画面は次のようになります。

実際に操作していただけるサンプルのシステムをインターネット上に用意しています。 ぜひお試しください。  デモサーバーをクラウド上で起動して試す

2018年からプロトタイプをご利用いただいている病院様からご感想をいただきました。

  • 以前は、手術のビデオを見るには技師さんにお願いして DVD を出してもらっていましたが、今ではその必要がなく、いつでも好きな時に見ることができるようになりました。
  • 翌日の手術の予習をするのに、過去のビデオを見るのはとても役に立ちます。
  • 術後の反省会で活用しています。
  • 自分の手術の映像をすべてダウンロードして自分のPCに保管しておくことができるようになりました。大事なチャンピオンビデオは未圧縮のものを早めにダウンロードしています。
  • 本システムの導入前は、手術ビデオを圧縮結合して扱いやすくするには専用のソフトを購入する必要があり大変でしたが、そのような苦労は全くなくなりました。

  • 以前は、全ての手術ビデオをDVDに焼いて保管していましたが、長い手術ではDVDが10枚以上にもなってしまうことがあり、焼く手間だけでも大変でした。このシステムがあるだけで業務改善につながっています。
  • ディスクの枚数が膨大になり、保管場所に困るだけでなく、コストが膨大になって困っていましたがすべて解決しました。
  • 年間手術件数が4000件程度の中規模病院ですが、16TBの容量のNAS (トータル32TBのHDDによるRAID) に約4年分の手術映像を保管して運用中で、現状60%の空き容量があります。途中で HDD を追加しましたが、全くトラブルは経験していません。
  • 圧縮ファイルのみを USB 接続の HDD にバックアップしています。外科系医師と相談の結果、大容量のオリジナルファイルはバックアップ不要とのことですので取っていません。
  • 以前は医師に「ビデオ出して」と頼まれても、保管箱から出してくる必要があるためにどうしてもお待たせすることになってしまい、申し訳ないと思っていましたが、これも今は昔です。
  • 現在使用中のシステムは Synology DS1817+ に構築してあるため CPU が Intel ATOM C2538 で圧縮作業に時間がかかっています。今よりも腹腔手術件数が増えると厳しいかな。

(EMUYNより) 新しい DS720+ や DS920+ は CPU が Intel Celeron J4125 で、ハードウェアエンコーディングが効いて圧縮スピードが10倍も速いので安心ですよ!