生存期間に対する多変量解析(Cox比例ハザード回帰)

このページでは、Cox比例ハザードモデルを用いて、生存データの多変量解析を行う機能を提供します。

Cox比例ハザードモデルは、生存時間と一つ以上の予測変数との関係を解析するための手法です。 このモデルは、生存時間に影響を与える複数の変数(例えば、年齢、性別、治療法など)を同時に考慮して解析します。

  • 変数の選択: 説明変数として年齢、性別、治療法など、複数の変数を含めることができます。
  • 変数間の関係: これらの変数が個別に、または相互に生存時間にどのように影響を与えるかを解析します。
  • リスクの評価: 各変数が生存リスクに与える相対的な影響を評価します。
  • 観察期間: 観察開始から、観察打ち切りもしくはイベント発生までの期間です。
    • 日数を年に変換するなどの機能がありますので、事前の変換処理は不要です。
    • 日付や時刻のデータを観察期間として使用する場合は、「データ処理」メニューの「日付・時刻計算」機能にて事前に変換処理を行ってください。
  • イベント (二値変数): 例えば「死亡」などのイベントの有無を設定します。
    • ユーザーは任意の値をイベントとして設定できますが、デフォルトでは “1” がイベントの発生、“0” が観察打ち切りを意味します。
    • どちらか片方だけを指定し、もう片方は「それ以外」にできますので、必ずしも二値変数でなくとも構いません。
  • 説明変数: Cox比例ハザードモデルを構築するための予測変数を指定します。連続変数と、カテゴリカル変数は明示的に分けて設定します。すなわち、0, 1 からなる変数はすべて数値ですが扱いはカテゴリカル変数となります。
  • 統計モデル詳細設定:
    • 比例ハザード性分析: 比例ハザード性の分析を行うかどうかを指定します。
    • 変数選択: 説明変数を自動選択する手法を指定します。
      • AICを用いたステップワイズの変数選択, BICを用いたステップワイズの変数選択, P値を用いたステップワイズの変数選択(減少法) から指定できます。

観察期間 (連続変数)
イベント (二値変数)
統計モデル詳細設定
比例ハザード性分析
変数選択
生存曲線


統計処理 サマリー表 チャート お問い合わせ