セキュア問診票で実現する

COVID-19 自宅療養患者用状態報告・管理システム

当社が提供する セキュア問診票 において、COVID-19 にかかわる問診票 のご利用を無料といたしました。

自宅療養の患者さんの状態を把握するための問診票が準備してあり、すぐに利用できます。

こちらをご利用いただくことで、セキュア問診票が COVID-19 自宅療養患者用状態報告・管理システム として機能します。

少しでも新型コロナの診療にお役に立てることを願っております。

セキュア問診票は本来有料のシステムですが、新型コロナ蔓延の状況を鑑み、問診票のタイトルに “COVID-19” もしくは “新型コロナ” の文言が含まれている場合には、試用中である旨はその問診票には表示されません。 すなわち、特別に無料でご利用が可能です。 期限は設けておりません。

  • 患者さんには事前にQRコードを渡しておき、状態を入力して送信していただきますが、アプリ起動から送信完了まで20秒程度ですので、体調が悪くても利用しやすく設計されています。
    • 事前に準備してある状態を把握するための問診票の場合です
    • ログイン操作は不要ですが、QRコードがない限り「いたずら送信」はできません。
  • 患者情報はクラウドを介して医療機関に送られますが、高度な暗号管理により漏洩の可能性が全くありません。
  • 暗号鍵の共有により複数のPCから管理可能で、それぞれの問診回答内容に対するアクションをリアルタイムに共有できます。

セキュア問診票システムに事前に準備してある問診票を用いた例を示します。

  • 以下は一例ですが、QRコードを含む文書やカードを用意して患者さんにお渡ししてください。
  • この例では、QRコードにあらかじめ患者氏名が入れ込んでありますが、他に電話番号なども入れ込んでおくことが可能です。
    • もちろん、患者データは入れ込まないでQRコードを用意し、汎用のものを作成しておくこともできます。

COVID-19 自宅療養患者用状態報告用問診票

実際にアプリを起動し回答できます

某 花子 様のご自宅での健康状態を把握するため、定期的にスマホから現状を報告してください。

右の QRコードは、患者さん個人専用です。 スマホやタブレットなどで読み取ってアクセスすれば、問診票アプリが起動しますので、現在の状態を入力して送信してください。

なお、状態が悪いときは、アプリから送信するだけでなく、必ずお電話にてご連絡ください。 当診療所につながらない場合は、保健所に連絡するか、救急要請してください。

エミュイン診療所
tel: 03-xxxx-xxxx

上の QRコードから、実際にアプリを起動し回答できます。ぜひお試しください。


起動画面 入力中 送信直後

送信された回答の内容を確認する管理アプリの画面は以下のようなものとなります。

利用するシステム

セキュア問診票へのユーザー登録と問診票の準備

セキュア問診票のシステムに関する詳細はセキュア問診票のページをご覧ください。

問診票はあらかじめ準備してありますが、必要に応じて利用者が内容を変更したり、全く新しいものを作成してご利用いただくことは自由です。

  • 初診時の問診取得
  • 職員の健康管理

などにも応用可能です。 ただし、無料でご利用いただくには、問診票のタイトルに “COVID-19” もしくは “新型コロナ” の文言が必要です。

なお、万一、明らかに COVID-19 診療と関連がないなど、不適切なご利用があった場合には、利用を停止させて頂く場合がありますので予めご了承ください。


以下の動画をご覧いただければ、概要をご理解いただけると思います。 各5分程度の短いものとなっております。

ユーザー登録とプロファイル設定COVID-19 自宅療養問診票の準備COVID-19 自宅療養問診票への回答方法とその確認

問診票は自由に修正してご利用ください

動画では、もともとエミュインにて用意した COVID-19 の臨床症状の重症度を自覚症状から推定するための問診票を利用いたしましたが、もちろんパルスオキシメーターをお持ちの患者さんが対象であれば酸素飽和度の数値を質問事項に入れても良いと思います。

ただ、酸素飽和度を入れなかったのは、装着のズレでたまたま低い値が出てそれに振り回されることへの危惧や、少しでも簡単な質問内容にして患者さんが送信を億劫がることを避けたいとの理由からです。

おそらくそのあたりも考慮して実際にご利用いただけるとよいのかなと考えます。

自宅療養患者を対象とする以外でもご利用ください

セキュア問診票では、問診票のタイトルに “COVID-19” または “新型コロナ” の文言が含まれていれば無料で使える仕組みになっています。

ですので、例えば発熱外来での事前の問診であったり、濃厚接触者への聞き取りであったり、そのような目的にも使っていただけます。 ぜひ、自由な発想でコロナ診療にお役立ていただければと思います。